不要な金製品は専門買取業者に買い取ってもらうのが最適

金を買取してもらう時に気をつけたい事

電卓とお札

持っている金を買取してもらうのなら店に査定に出す前に自分なりに金の重量を計測しておき、金の純度についてもしっかりチェックしておくことは必要です。重量の計測は細かければ細かいほど良いです。自分で購入したときについていた保証書などの付属品もきちんとそろえておく方が後々の証拠となるので揃えて査定に出した方が良いです。

金相場は日々変化します。どうせ査定に出すのであれば、そういったレートをネットで調べたうえで、高値の時に査定に出す方が良いです。買取業者はこういった相場の価格を基に独自の価格設定をしますから、相場より差し引かれた金額の提示があればどのくらいの手数料を取るお店なのかという判断も自分でできます。見積もり査定に出す分には何社に見積もりしてもらっても良いので出来るだけ買取手数料の低い買取業者を探すことも必要です。

こちらで出来る確認や準備をきちんとしたうえで、業者に査定に出すわけですが、金の買取業者として専門知識の豊富な業者に査定依頼することは大切です。一般の人が買取してもらおうとする金はたいてい24Kのような純金ではなく18K、14K、10Kといった他の金属(銅・パラジウムなど)が混ざっている割り金であることが多いのです。純金はもろく、装飾品としての加工ができないため割り金になると言われています。割り金として混ざっているパラジウムの価格が金に迫る勢いで最近高騰しているようです。単純に金の配合量のみならずパラジウム配合量についての知識もあるかどうかなど専門知識豊富な業者に査定を依頼したいものです。

PRESS RELEASE

TOP